いち姫・に姫・さん姫

marimolog.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:まりも( 13 )

こんなところに思い出が




数日前、上のムスコがゴミ屋敷のようだった自分の部屋を
何を思ったか急に片づけ始めました。

あれだけ言っても何年も何年も片づけなくて、
目にするのさえもオゾマシイ部屋でした。。。

和室なんだけど、ゴメンネ、スリッパ履いたままじゃなきゃ
入れないわ・・・みたな部屋でした(・┰・)


ほ~、カノジョが来るんだね。バレバレです♪

片づけたのはいいけど、出るわ出るわ、ゴミがたっっっっっくさん!!
45ℓのゴミ袋で何個くらい出したかな・・・・とにかく いっぱいw


燃えるごみの日にたくさん出して、
プラスチックの日にたくさん出して、
あとは2週間に1度の「布ゴミ」の日に2袋出すだけとなりました。
↑ リビングに置きっぱなのですごくジャマ。


すると2階の廊下にも袋が一個。。。中身オヨウフク

ワタシ「これも捨てるの?」
ムスコ「捨てない。洗うやつだから。」


誰が洗うんだ、誰が…
早く言えよ…
洗濯してほしかったら 下に持ってこいってんだ。。。ブツブツブツ

冬物のスエットとかトレーナーとかホコリだらけで入ってました(´Д`)

外でバッサバッサとホコリをハラって洗濯機に放り込み、
干して乾いて取り込んで。



それでもまだホコリが付いていたからコロコロで取ろうとしたら、





あ…





これ…







まりもの毛だ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



c0214455_15312524.jpg



まりもはグレーっぽい子だったけど、
抜けたものは白く見える毛でした。

てっきりアンジュの毛だと思ってたけど
犬の毛と猫の毛と「毛質」のようなものが違います。


c0214455_15313429.jpg



ほっそーーーーーくて、やわらかくて、意外とまっすぐなまりもの毛。

生地にささるように付いているので、コロコロ使っても取りにくいんです。



コロコロの紙を何枚も使って丁寧に取りました。






c0214455_15313870.jpg


                                           懐かしいな~
                                   ちょっとだけキュンとしました
                                        



[PR]
by marimo223624 | 2010-10-05 16:02 | まりも

月命日…と2日経って




ちゃんと10日の日にUPしなくちゃ意味が無いのだけど
どうしても「筆がススマナイ」状態に陥っちゃいました。

c0214455_449090.jpg


まりもがいなくなってから ひと月過ぎました。



亡くなったことに慣れたんだか、まだ受け入れられていないんだか。

手が、まだまりもの被毛の感触を覚えています。
同じ猫でもしっぽなとはちょっと違う、
ましてやアンジュとは全然違う感触でした。

声も耳に残っています。
甘えた時の声、機嫌の悪い時の声、呼び掛けた時の返事の声。

現実を受け入れているつもりでも
思いはどんどん募ってきて 恋しくて恋しくて、会いたくて会いたくて。



どんなに願っても二度と会う事のできない 究極な片思いです。


相変わらず 日々の雑多なことに追われている生活だけど
未だにまりもの事を思い出している毎日です。
c0214455_4575352.jpg




当分続きそうだけど・・・・・・・・・いいよねぇ、まりも。

≪続きを読む≫
[PR]
by marimo223624 | 2010-07-12 23:11 | まりも

こころに区切り



今日は 昼頃から降り始めた雨が 夜になってもシトシトシトシト。

食事の支度をしたり、ごはんを食べたり、
でっかいイチゴちゃんというより、赤いピエロみたいになったアンジュを
雨の中 お散歩に連れていく以外、
今日のほとんどを費やして こんなものを作ってみました。


もぉね、頭から煙が出そうです。
・・・・いや、もう出てるかも。

軽く頭痛もしてきましたw



でも そのおかげで気持ちに区切りのようなものが出来ました。

存在感が薄いながらも、静か~にそばに寄ってきては
小さくニャーンと鳴いて甘えてくれる 3㌔の黒いお姉さんと、

私の行くとこ行くとこ付いて来て、今 足元で寝ている
まだまだ赤ちゃんな白っぽい23㌔の子が まっすぐ私を見つめてくれています。


まりもを失った悲しみは この先どれだけ時間が経っても消えないけど、
まりもにありがとうという気持ちを胸に持ちながら、
しっぽなとアンジュと共に楽しく生きて行こうと・・・・

無理に封印したり 悲しみをガマンしたりぜずに

いなくなった悲しみと同じくらいの大きさで
いてくれてありがとうという、

そんな思いで作りました。














※今日はココまで☆
画質だの音質だの…いじくる気力はナッシング~(*´Д`)
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-18 22:57 | まりも

はや一週間




まりもがいなくなってから もう一週間が経ちました。

早~い。。。



その間の記憶がほとんど無いってカンジです。
こころの中がポッカリ・・・というのを 初めて経験したカンジです。


でも しっぽながちいちゃい体でなぐさめてくれます。
体はデカいけど、アタマん中が幼いアンジュもなぐさめてくれます。



最初は、 
名前を呼んでも、返事をするまりもがいないという事が受け入れられませんでした。
しっぽなやアンジュを「まりも」と呼んでしまいました。
猫のごはん皿が しっぽなの分だけなのを見ても 泣けて泣けてしょうがなかったです。




事情を知ったお花の先生が「辛かったらお稽古お休みしていいのよ」と言って下さいました。

顔を合わせた友人は、何も語らずともそばに居てくれて、ただただ話を聞いてくれました。

会ってない友人はただヒトコト「泣いていいんだよ」って言ってくれました。

「ちゃんと供養してあげてね」と言ってくれた友人もいます。

まりもが亡くなったと知らせたお友達(男性)の奥さん…会ったことの無い方ですが、
まりものために・・・というか、私の心情を察して涙を流して下さったそうです。


ありがたい事です。
たくさんの方が気にかけて下さっている。

まりもと私はとっても幸せ者だと思いました(^-^)



私はごくごく自然体で過ごしています。

ちゃ~んと泣いています(?)w

頑張り過ぎる事もしていませんし、強がってもいません。


最初は 写真や携帯動画など見られませんでしたが
だいぶ平気になってきました。

まりもの使っていたお布団も 今日片づけることができました。
(明日から また雨っぽいしw)


携帯にある まりもの動画をパソコンに保存するのに
「関連付けの変更」ってやつをしなければならないことも覚えましたw

このブログにその動画を載せるのに YouTubeに登録しなければならないのも覚えました・・・

もうこのあたりから ワケがわからなくなってきてます。。。(-"-;)


しかも 画像の粗いこと粗いこと・・・(´;ェ;`)



もうブログに動画を載せるのをやめる!!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻








かもしれないw
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-17 18:29 | まりも

まりも・・・・まりも・・・・・まりも




そして3つめのUPです。



本日----2010年6月10日 午後3時40分頃


まりも 永眠いたしました。

c0214455_0524114.jpg


18歳と言っていましたが 正確には17歳と10ヵ月です。

ほぼ18年の歳月を一緒に過ごせたのはとても幸せな事でした。
でも もっと一緒にいたかった。



まりもは 今日の2個目にUPした記事に写っていた姿とほとんど同じ格好で亡くなりました。



お昼くらいまでは 最期を迎える場所を探してるのかと思うくらい
よろけながらもあちこち歩いていました。

誰が見ても「その時」がすぐそこまで来ているのがわかりました。

でも どうしても出かけなければならない用事があり
泣きながら出かける支度をしていました。

まりもを一人ぼっちで逝かせたくなかったのですが、
最近体調の思わしくないムスコに頼むわけにいきませんでした。

でもちょうどその時、主人が帰って来たので
まりもの様子を見ていてほしい事、なにかあったらすぐ知らせてほしいと、
繰り返しお願いして 後ろ髪を引かれる思いで出かけました。

まりもはその時 リビングに居たと思います・・・記憶が定かでなくて・・・


急いで用事を済ませ帰って来た時には まりもはキッチンにいました。
主人も キッチンにいました。
まりもの後をずっと付いて歩いてたのだと思います。


「おかえり、まりもはまだ息をしているよ」と主人は言っていたので
安心しながらキッチンのカウンター越しにまりもを見ると 
息をしていない様子でした。

ずっと見守り続けてくれていた主人は
私が帰るまで確かに息をしていた、お腹が動いていたと言っていました。

でも 帰宅した私に「おかえり」を言おうと、まりもから目を離したその隙に
動かなくなったのかもしれません。

慌てて私が「まりも!」と声を掛けながらキッチンに入ると
頭を2~3度持ち上げるようなしぐさをしました。

口を開き、目をこちらに向けた・・・ように見えました。
近寄ると今度は後ろ足をバタバタと動かし 床に打ちつけるような事をしました。

たぶん 息を引き取る瞬間の痙攣のようなものが起きたのかもしれません。

でも、私を待っててくれたんだと思いたいです。

抱きしめました。
まだ硬直はしていなかったけど、
とことん痩せてゴリゴリに硬くなった体を抱きました。

首をさすってみたり、足を伸ばしてみたり、縮めてみたり、
もう一度動いてほしくて色んなところを触ってみました。
何度も何度も名前を呼んでみました。
もう一度目を開けて!
もう一度声を聞かせて!
少しでいいから動いてみて!


あきらめの悪い事をしているくせに
次に私は まりもを包むタオルを持ってきました。
それは、私が午前中にシャワーを浴びた時に使った私のバスタオルです。
まだちょっとだけ濡れていたけど 
送る時には 私のにおいがしっかり付いているタオルで包んであげたかったのです。


そのタオルにくるまれたまりもは 大好きだった焼海苔と一緒に
明日 お寺に行ってきます。
もっともっと小さくなって帰ってきます。

c0214455_1495351.jpg

いつも一緒でした。


c0214455_1531370.jpg

とても楽しい時間でした。


c0214455_153388.jpg

まりもと一緒にいられて幸せでした。


c0214455_222587.jpg

楽しい思い出をたくさんありがとう。


c0214455_223951.jpg

いっぱい懐いてくれてありがとう。


c0214455_224963.jpg

たくさんたくさん癒やしをくれてありがとう。




うちに来てくれてありがとう。




さよなら   まりも   まりも  
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-10 16:07 | まりも

命の灯




今日2個目のUPです。





一度は復活したかに見えたようなまりもですが
その後 確実にその灯が細くなっていってます。



私と目が合えば 必ず「にゃ~ん」とかわいい声で鳴いてくれた声もだんだん細くなり
今は 鳴いているつもりの 口を開くだけになりました。
まりもの頭に私の耳を当てなければ ゴロゴロというのどを鳴らす音も聞こえなくなりました。

できれば一日中そばにいて、撫でていたいです。



実は昨日 義父が亡くなりました。
85歳という人生を静かに閉じました。
その穏やかで綺麗な顔から、尊厳さえ感じられる召され方でした。

でも、まりもはまだ連れて行かないで・・・って、
アチラの世界から力を貸して下さい・・・って お願いしています。



よろよろしながらも まりもは寝る(横たわる)場所を探して
家の中のあちこちを放浪しています。


なぜかアンジュが後を追うように付いていたりすることもあります。
c0214455_11525691.jpg




肉球をちょっとだけツネってみたけど、
あまりにもちっちゃい肉球なので すぐやめました。


もう一度 かわいい声を聞きたいな~
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-10 12:09 | まりも

お年寄りらしく・・・



まりもの調子が またあまりよくありません。
調子が悪いというより だんだん元気が無くなってきて・・・

ごはんを全然食べてくれないので
ありとあらゆる猫缶を買って来たけど やっぱりイマイチっぽい。。。



ということは やっぱりお刺身のマグロ?( ゚Д゚)

ぅ~ん… "σ(._.*) あとで買いに行こうw


18歳という高齢なんだから しかたの無い事かもしれないけど
寝てばっかり…ってのも気になるし。

歩くときだって、たまーにヨロヨロ…ってなることもあります(・・、)






なのに・・・



なのに・・・




なんで脱走ばかりするん(`□´)/ダァァー!!
c0214455_1563745.jpg

アンジュが吠えて教えてくれた(?)おかげで
すぐ確保できましたが、



c0214455_1565079.jpg

どうしてそういう時ばっかり
逃げ足が速いんでしょうw



c0214455_1565685.jpg











練らなくていいです(-"-;)


同い年のしっぽなと比較すると 弱々しく見えるけど
こういう時の行動は機敏ですw

大人しくしていただきたいです。。。


そしてこちらの子↓↓は、自由きままにお外と家を行ったり来たり。
けど、昔と違い おうちで過ごす時間が長~くなりました。
c0214455_157356.jpg


まだ午前中ですから!!(# ゚Д゚)






(ノ_-;)…猫って気まま過ぎw
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-06 23:01 | まりも

なんだったの~?



この1週間くらい ほとんど食事をとれていなかったまりもちゃんが
病院に行った話を昨日書きましたが。。。。。。

いちんち経った今日 すっごく元気なんですけどぉΣ('◇'*)


今日もお昼前に病院に行ってきました。

「まりもちゃん どうでしたか?」
「はい! おかげさまですっごく元気です!←元気を強調
注射をしていただいたお陰か、ぜっんぜん吐きません←吐かないを強調
ごはんもモリモリ食べてます~

元気になったことを強調しまくるσ(・・*)アタシ。

ごはんさえ食べてくれればいいのです(`・ω・´)ノ
ごはんを食べられなくなるってことは・・・いろいろダメなんですw

とにかく入院しない方向に持っていこうと必死だったわけで。。。。



昨日のディナーの赤身のマグロが効いたのか、きっかけになったのかはわからないけど
マグロ以来 まりもは食欲が復活したんです♪ヾ(●´▽`●)ノわーい☆

夕べも今朝も、吐くことはなく食欲もあるし元気だし。

ニンゲンに例えると100歳近くの子にとって、
入院しながらの検査はツライに決まってる。

そうして またまた点滴と注射をしてもらって
あと飲み薬も頂いて帰ってきました。


もともと、食欲は無くても元気はあったまりもちゃんなので
ごはんを食べられるようになってくれたら 万々歳なのです。
c0214455_17132897.jpg

はいはい(-"-;)



そして 夜072.gif
猫たち(と、わんこ)の今日のメニューは『サーモン』でございます。

もちろんニンゲンが食べる用の「生サーモン」でございます。

まりもちゃん達には 茹でてほぐしてサーモンのみで召しあがって頂きました。

アンジュには、ニンゲンが食べたパスタのおすそ分けに
猫が食べたサーモンのおすそ分けと生トマト・ピーマン・キャベツなどを入れて
「サーモンとトマトの冷製パスタ(風)」
c0214455_1713377.jpg





余りモノで こんだけゴージャスに見えるのってスバラスィヾ(*´∀`)ノジャナーィ!♪w
[PR]
by marimo223624 | 2010-05-21 23:09 | まりも

食欲がない18歳


実は ここ1週間くらい
まりもの食欲が激減しています。

激減というより ほとんど食べていないんです。



ちょっと前から食欲は落ちてきたな~・・・とは思ってたんだけど
最近 ごはんを食べてる姿をあまり見なくなりました。

お水はフツーに飲んでいます。

あまり食べないから んちもちょっぴりだし ちっちゃいし・・・

体もますますちっちゃくなったように感じます。


まりもが少しでも食べてくれればいいと思って
ここんとこ 色々な猫缶を買ってきていました。
  オサイフイタイヨー(/TДT)/


でも食べてくれなくて・・・

気になって気になって ゆうべは一睡もできませんでした。
@うたたねは除くw




何度か吐くこともあったので
今日病院に連れて行きました。


病院で体重を量ってもらったら 1.75㌔と言われました。。。
軽っ!!!!!


全然食べてなかったものねー(ノ_・。)


●食欲がない・・・ってか ほとんど食べてない
●いちんちだけだけど たびたび吐いたこともあった
●オシッコはちゃんと出てるけど 「んち」の方はちょっぴり
●元気はある

などと状態を説明したら 獣医さんは「吐く」事に着目したようでした。

さっそく 検査のためお首から採血。。。
これがかわいそうでかわいそうで( ┳_┳)

ほっそ~~~~~~くなったお首に 注射の針がちっくんするんです007.gif


でも まりもちゃん がんばりました。

結果が出るまで約15分。

診察室から出て 待合室で待っていました。
リュックタイプのキャリーバッグに入れておくと 文句言いたい放題なので
リードを付けて出してあげました。

元気はある まりもちゃんですからΣ(ノ∀`*)ペチッ


待合室には 診察を待つ飼い主さんとコーギー君がいましたが
ふだん やんちゃな大型犬と暮らしているまりもちゃんは
コーギー君なんか ぜーんぜんへっちゃらです。

むしろコーギー君の方が へっぴりな感じで まりもに対峙していました。



そうして結果が出たのでまた診察室へ。

白血球の数値が 多少高めだった以外は
すべて基準値内の数値でした。

肝臓も腎臓もオッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)



以下 獣医さんの所見です。

血液検査の数値は 炎症反応も含めてOKの範疇。
栄養補給は 血管に直接点滴を挿したほうが効率がいいけど
それには入院が必要だし、何より まず食べて体力をつけてから。
なぜ食べなくなったのかは 詳しい検査をしてみないと。。。

吐くことを繰り返すと 胃腸が荒れるので 食欲減退を促すことも考えられる。
とにかく 食べたい物をあげてみること。

軽い脱水症状も見られるので、
水分と栄養補給の点滴&ビタミンと吐き気止めの注射を打ちます。



ざっとこんな説明がありました。

この時点で ちょっとだけ(〟-_・)ン?・・・と思う事もあったけど
点滴やら注射の目的には異論はなかったので
この日は それらの処置をしてもらって
また明日連れてきま~~すヾ(*'-'*)
って事で いっしょにおうちに帰ることができました。


すでに 何人かのお友達は気づいている事と思います。

σ(・・*)アタシが まりもと離れられない性格なのをw

   過去にまりもが入院するたびに
   フヌケさんになってしまったσ(・・*)アタシです♪

ましてや まりもはとっても高齢な猫です。 
  
獣医さんを信用してないわけではないけど
もし 治療中に急変して 2度と会えなくなりました・・・
って事にでもなったら σ(・・*)アタシは一生立ち直れないかもしれない。

いや マジで。。。



というわけで 今日は連れて帰ることができたので
今日の様子を見て また明日 先生と相談しよ~~っとヽ(´▽`)ノ

帰りがけに先生に聞いてみました。
「なにをあげたら食べてくれるんでしょう。。。」
「そうですね マグロの赤身なんかいいかもしれませんね♪」


Σ( ̄□ ̄ =)!!
それって危険な食材です!!
そんなハイレベルなごはんをあげたら 
他のものは食べなくなっちゃう・・・みたいなw


でも買いに行きましたよ。。。
ドーンとひと柵053.gif

猫たちには ちっちゃく切って なおかつ包丁でたたいてたたいてミンチにして。
もちろん アンジュにもあげました。
アンジュとしっぽなは まりものおかげで ウハウハなお食事でしたw

ニンゲンにも ちょっぴり分けて頂きました。
サラダのトッピングのようにして ごく少量を。。。ったくもー(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

この間の アンジュのフィラリアのお薬をもらってきた時とか
今日のまりもの診察代とか
おさしみとか

ものすご~くおサイフがイタイことばっかし(ノ_<。)



でもいいんだ♪
もうちょっと ながく まりもちゃんと一緒に居たいから。
c0214455_13513050.jpg
c0214455_13513828.jpg

[PR]
by marimo223624 | 2010-05-20 23:28 | まりも

まりもの病気のこと



今日 なにげにアンジュのサークルを見てみたら
(・_・?)アレ? と思うような光景が・・・

c0214455_16135774.jpg

まりもが アンジュのトイレでなにやら踏ん張っているではありませんか!


ふだん 洗面所に置いてある猫のトイレに異常に興味を持つアンジュのせいで
洗面所への扉は閉めてあります。
  ※以前に アンジュのお口から猫の「んち」の香りがした時には
   ホント悲しくなりましたw



じゃぁ、猫がトイレに行きたくなったらどうするの?・・・って思われるでしょうが
そこは人生経験豊富な猫のお姉さまがたです。

トイレに行きたいねえさまは 洗面所への扉の前で
扉に向かって座り ひたすら待っているのですw

アンジュを閉じ込めているときはこの扉は開けてあります。



でもタイミングが合わず、我慢できなくなってアンジュのトイレを借りているのかしら??
と思ったら・・・・

部屋の中や洗面所やキッチンにいたるまで
あらゆる場所でオシッコのカッコをしています・・・



これはもしかして・・・

思い当たることがあります。


そうして注意深く見てみると、お部屋のあちこちに ごく少量のオシッコの跡が。

しかも赤いの(´;ェ;`)
血尿です。

オシッコをしたくても出ない・・・
やっと出てもちょびっとなので 四六時中 尿意があるのです。


まりもは体質的に下部尿路疾患(尿路結石症)になりやすく
何年かに一度 この病気にやられます。

ドライフードに多く含まれる マグネシウムの摂取が多いのではとも言われますが
昔と違い 最近のまりもたちのご飯は 缶詰も食べていますし、

同じご飯を食べているしっぽなは一度もなったことが無いことを見ると
やはり体質でしょう・・・・と、昔 獣医さんに言われたことがあります。


あわてて 病院に行ってきました。

膀胱の腫瘍、年齢的なもの、結石、膀胱炎、などの可能性があると言われました。

エコーで見てみると 膀胱にはなんの影もデキモノも無いことがわかりました。
そして病歴から見て 残り2個(結石、膀胱炎)の可能性が高いので
オシッコが出やすくなるように 抗生剤とビタミン入りの点滴をして
さらに抗生剤のお薬と治療食(サンプル)を頂いて帰ってきました。


おかげさまで家に帰ってから オシッコはたっぷりと出ました。 
そしてサンプルでもらってきたご飯は、すっごく食べる食べるw 

さすが まりも姐さん♪



猫の18歳は 人間に換算すると90とか100とかにあたるそうです。
スゲェーッ(゚Д゚*)


まりもはそれなりに 歯はなくなるし 痩せてきてるし 毛艶は無くなるし
足腰も弱くなってるしで もうヨボヨボのヨロヨロなんだけど、

同い年のしっぽなは、歯こそ無いものの 
健康診断の時に心雑音がまったく無いって言われたし
毛艶はあるし 元気に走り回れるしで
敢えていうなら 性格が弱々しいところだけかなw


というわけで 無事にオシッコが出たまりもちゃんは
これといってぐったりとした様子も見せず、
サンプルでもらってきたご飯を 「もっと~ もっとちょーだい」と催促し、
寝る時には 自分の寝やすい恰好をσ(・・*)アタシに要求する
相変わらずの姐さんっぷりを見せてくれています。


まりもたちが18歳と知ると よく「スゴイですね~」と言われるけど
猫の長寿ギネスは34歳だそうです。。。

そこまで生きてくれたら嬉しいけど、そのころにはもう人間になってるか
妖怪になってるかのどちらかでしょう(*´・д・)(・д・`*)ネー


最近の年を取ってからの写真はたくさんあるけど
まりもたちの小さかったころの写真は無いです(・・、)

今思うと 撮っておけばよかったと後悔しきり★

フィルムカメラで撮ってあった写真が2~3枚あったのを思い出して
デジカメで撮ってみました♪(3歳の時)
c0214455_1731672.jpg
c0214455_1732398.jpg

細い~ 体の模様キレイ~ フローリングの床ピカピカ~w


まりもは純粋な(?)雑種ですが----お母さん猫=三毛だったもん♪
その体の模様から よくアメリカンショートヘアに間違えられました。
(痩せてる頃 限定!)

きっとどこかで「その」血が混じっているのかもしれないけど
それはそれでチョッピリ嬉しいσ(・・*)アタシでしたw


犬猫は1歳で大人になると言われてますが
このころのまりもは3歳でもこの貧弱さ・・・
この子はどこか体が悪いのかしら?・・・と思って獣医さんに聞いてみたら
「大丈夫よ、大きくなるよ♪」って 先生が断言した・・・

だって~
もう3歳なのに~
どうして~?

と不安は山積みでしたが・・・・・




c0214455_1716855.jpg

こ~~~んなになっちゃうなんて 誰が思ったでしょうかああああああ(-"-;)

c0214455_17221836.jpg
c0214455_17222753.jpg
c0214455_17224518.jpg

これを見て ヒモで縛ったチャーシューのお肉みたい…と言われたことがありますw
c0214455_17225149.jpg
c0214455_17232191.jpg

ウエストが無いのはもちろんのこと、首輪をしていなければ「首」のクビレもありませんw

でも「太ってるのに おめめおっきいんだね~」と 複雑な感想も頂いていましたw
c0214455_17233014.jpg

まりもの向こう側に しっぽなのお耳だけ見え隠れ。
昔も今も 変わらずな力関係ですw



そして今は 痩せてちっちゃくなったまりもちゃん。
動物って痩せると肉球までちっちゃくなることを 初めて知りました・・・
c0214455_17272117.jpg



できるだけの事はしてあげたいと
改めて思った今日でした。






がんばれ066.gif ぢぶん(そこ~?)
[PR]
by marimo223624 | 2010-04-19 14:17 | まりも
line

英国系ゴールデン(2009年9月4日生まれ)と2011年生まれの猫との日常を綴ってます。下の方のリンクにあるクリック募金のご協力をお願いします♪


by marimo223624
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30