いち姫・に姫・さん姫

marimolog.exblog.jp ブログトップ

まりも・・・・まりも・・・・・まりも




そして3つめのUPです。



本日----2010年6月10日 午後3時40分頃


まりも 永眠いたしました。

c0214455_0524114.jpg


18歳と言っていましたが 正確には17歳と10ヵ月です。

ほぼ18年の歳月を一緒に過ごせたのはとても幸せな事でした。
でも もっと一緒にいたかった。



まりもは 今日の2個目にUPした記事に写っていた姿とほとんど同じ格好で亡くなりました。



お昼くらいまでは 最期を迎える場所を探してるのかと思うくらい
よろけながらもあちこち歩いていました。

誰が見ても「その時」がすぐそこまで来ているのがわかりました。

でも どうしても出かけなければならない用事があり
泣きながら出かける支度をしていました。

まりもを一人ぼっちで逝かせたくなかったのですが、
最近体調の思わしくないムスコに頼むわけにいきませんでした。

でもちょうどその時、主人が帰って来たので
まりもの様子を見ていてほしい事、なにかあったらすぐ知らせてほしいと、
繰り返しお願いして 後ろ髪を引かれる思いで出かけました。

まりもはその時 リビングに居たと思います・・・記憶が定かでなくて・・・


急いで用事を済ませ帰って来た時には まりもはキッチンにいました。
主人も キッチンにいました。
まりもの後をずっと付いて歩いてたのだと思います。


「おかえり、まりもはまだ息をしているよ」と主人は言っていたので
安心しながらキッチンのカウンター越しにまりもを見ると 
息をしていない様子でした。

ずっと見守り続けてくれていた主人は
私が帰るまで確かに息をしていた、お腹が動いていたと言っていました。

でも 帰宅した私に「おかえり」を言おうと、まりもから目を離したその隙に
動かなくなったのかもしれません。

慌てて私が「まりも!」と声を掛けながらキッチンに入ると
頭を2~3度持ち上げるようなしぐさをしました。

口を開き、目をこちらに向けた・・・ように見えました。
近寄ると今度は後ろ足をバタバタと動かし 床に打ちつけるような事をしました。

たぶん 息を引き取る瞬間の痙攣のようなものが起きたのかもしれません。

でも、私を待っててくれたんだと思いたいです。

抱きしめました。
まだ硬直はしていなかったけど、
とことん痩せてゴリゴリに硬くなった体を抱きました。

首をさすってみたり、足を伸ばしてみたり、縮めてみたり、
もう一度動いてほしくて色んなところを触ってみました。
何度も何度も名前を呼んでみました。
もう一度目を開けて!
もう一度声を聞かせて!
少しでいいから動いてみて!


あきらめの悪い事をしているくせに
次に私は まりもを包むタオルを持ってきました。
それは、私が午前中にシャワーを浴びた時に使った私のバスタオルです。
まだちょっとだけ濡れていたけど 
送る時には 私のにおいがしっかり付いているタオルで包んであげたかったのです。


そのタオルにくるまれたまりもは 大好きだった焼海苔と一緒に
明日 お寺に行ってきます。
もっともっと小さくなって帰ってきます。

c0214455_1495351.jpg

いつも一緒でした。


c0214455_1531370.jpg

とても楽しい時間でした。


c0214455_153388.jpg

まりもと一緒にいられて幸せでした。


c0214455_222587.jpg

楽しい思い出をたくさんありがとう。


c0214455_223951.jpg

いっぱい懐いてくれてありがとう。


c0214455_224963.jpg

たくさんたくさん癒やしをくれてありがとう。




うちに来てくれてありがとう。




さよなら   まりも   まりも  
[PR]
by marimo223624 | 2010-06-10 16:07 | まりも
line

英国系ゴールデン(2009年9月4日生まれ)と2011年生まれの猫との日常を綴ってます。下の方のリンクにあるクリック募金のご協力をお願いします♪


by marimo223624
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31